pick up !
  • この部分はメインカラム上部に表示されます。
  • 目立つ場所なのでお知らせや広告などにお使いください。
  • 不要な場合にはHTMLのピックアップ~ピックアップまでを削除してください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷ったらまず資料請求です。
迷ったらまずFX会社60社を徹底比較!一括資料請求が可能!! 【ALL外為比較】です。




スポンサーサイト
明けましておめでとうございます。
今日はFXのメリットとして、銀行貯金との違いを説明します。

銀行預金は、現金を銀行に預けることで利子が得られます。現在、日本の銀行は得られる利子は非常に少ないので預金額が少なければ雀の涙です。預金ですからリターンは、FXの方がはるかに大きいといえます。

銀行預金は、仮に金融機関が破綻してもある一定の金額まで、預金保険法により預金元本と利子は全額保護されています。

FXでは、預けた証拠金等は上限無く信託法によって保護されます。ただし、これも信託保全をしているFX業者に限りますから、手数料が安いからといって十分に調査せずに取引をしていると破綻した場合痛い目に合います。
最近は当たり前のように破綻するFX会社が多いのも事実ですから調査は怠らないようにしましょう。
ウォンは大韓民国及び朝鮮民主主義人民共和国の通貨単位。両国は別の通貨となっており、区別のためにそれぞれ「韓国ウォン」、「北朝鮮ウォン」とすることが多い。

韓国ウォンは、韓国の外為法の規制によりウォン紙幣の輸出入が規制されていたこともあり、日本では一部の在日外銀を除きウォン紙幣の両替を行っていませんでした。しかし、2002年5月のワールドカップサッカー開催を期に、日韓間の渡航者の利便性を図るため、これまでのウォン紙幣に対する規制を改正し事実上ウォン紙幣の輸出入が解禁となりました。

 韓国ウォンは、1998年のアジア通貨危機を体験してきました。危機の間は約 100%の大幅下落となり、一番深刻なときには1ドル=1,900 ウォンまで下がり、実質的なGDPが98年にはマイナス 5.8%まで下がりましたが、翌99年第1四半期にはプラスに転じました。そして、第1、第2、第3四半期と、3四半期連続V字回復の力強さを見せたわけであります。
民間消費のみならず投資でも大幅に回復いたしました。通貨危機に見舞われた東アジア諸国においては、経常収支赤字の水準はやや高かったものの、高い貯蓄率、おおむね健全な財政運営、低いインフレ率等、従来の危機において指摘されてきたマクロ経済のファンダメンタルズは比較的良好であったという背景があったからと言われています。

 また、2002年後半から2003年にかけて、イラクや北朝鮮をめぐる国際情勢の悪化やSARS(重症急性呼吸器症候群)の要因にもかかわらず、韓国ウォンは比較的安定しており、尚も力強い景気拡大を続けていると言っても過言ではありません。
香港ドルは1985年以来、米ドルとペッグし、また人民元と一体化した通貨です。ペッグ制とは、小さな国が貿易の結びつきの強い大きな国の通貨と自国通貨を連動させ、貿易や投資を円滑に行うため採用されるものです。香港は米ドルに自国通貨を釘付け(ペッグ)することで貨幣の流通量を管理しているのです。
 香港ドルは、カレンシーボード制と呼ばれる自国通貨を外国の準備通貨にリンクさせて、いつでも準備通貨との交換に応じる固定的な通貨制度を採用しております。しかし、ドルペッグ制には、相場維持のためにアメリカの金利政策に追随しなけらばならない、という大きな欠点があります。米国が自国の金融政策のため金利引き上げを行う場合、為替相場を維持するためには、香港も自身の景気動向・金融政策にかかわらず、アメリカに追随して利上げしなければなりません。これが、インフレやデフレを招く要因となることもあります。

 香港では中央銀行が存在しません。日銀のような紙幣発行機関がないため香港ドル札は、香港上海銀行(HSBC)、スタンダード・チャータード銀行、中国銀行という3つの民間金融機関によって独自に発行されてるため、複数の紙幣が流通しております。

 今後は中国もWTO(世界貿易機構)に加盟した以上、いつまでも固定相場制を維持していることは許されません。変動相場制への移行時期とその際の為替水準が注目を集めています。香港ドルは米ドルとペッグし、人民元と一体化した通貨です。人民元が変動相場制に移行すれば香港の運命に大きな影響を与えることは確実です。

この記事はイーフォレックスさんより引用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。